青木治親    
ホーム > マネジメント > 青木治親

青木治親  Haruchika Aoki
オートレーサー
青木三兄弟の末っ子。
二人の兄と共に6歳でポケバイを始め16歳でロードレースにデビュー。
1993年からロードレース世界選手権 125ccクラスに参戦し、1995年、1996年と2年連続で世界チャンピオンを獲得。2004年に“一生ライダーでいたい”という強い信念からオートレースに転向。
2005年には日本プロスポーツ大賞オートレース新人賞を受賞。また、鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦し、総合3位とロードレースの世界でもその存在をアピールしている。

【オフィシャルブログ】
http://gree.jp/aoki_haruchika


  プロフィール    
生年月日1976年3月28日
サイズ177cm/62.1kg
血液型A型
出身地群馬県
趣味スノーボード、ドライブ
     

  最新出演情報    
     

  経歴    
■ロードレース
2006年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3位
2005年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3位
2003年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 予選:14位 決勝:7位
2002年 ロードレース世界選手権シリーズ 250ccクラス ランキング14位
2001年 ロードレース世界選手権シリーズ 500ccクラス ランキング17位
2000年 ワールドスーパーバイクシリーズ ランキング18位
1999年 ロードレース世界選手権シリーズ 500ccクラス ランキング15位
1998年 ロードレース世界選手権シリーズ 250ccクラス ランキング6位
1997年 ロードレース世界選手権シリーズ 250ccクラス ランキング8位
1996年 ロードレース世界選手権シリーズ 125ccクラス チャンピオン
1995年 ロードレース世界選手権シリーズ 125ccクラス チャンピオン
1994年 ロードレース世界選手権シリーズ 125ccクラス ランキング12位
1993年 ロードレース世界選手権シリーズ 125ccクラス ランキング14位

■オートレース
【G1】
2011年 共同通信社杯プレミアムカップ
2006年 キューポラ杯争奪戦

【表彰】
2006年 日刊三賞・敢闘賞 
2005年 日本プロスポーツ大賞・新人賞
2004年 最優秀新人選手賞、日刊三賞・特別賞
     

  + MC/リポーター    
     
  + スポーツ    
     
  + タレント/俳優    
     
  + 文化人